血糖コントロールは工夫次第

医者選びについて
この問題は重要です。私は薬剤師という仕事をしている関係で,医師と接することが多いのですが,医師のすべてが糖尿病という病気を正しく理解しているわけではないということを何度も経験しています。糖尿病に1型と2型があることをちゃんと理解していない医師に出会ったことさえあります。またあるときはペンフィル30Rを処方すべきところをペンフィルRと書いて平気な顔をしている医師もいました。これはとても怖いことです。医者は慎重に選びましょう。他の病気の治療のために診てもらっている医師に,ついでに糖尿病の治療もしてもらおうなどとは考えないほうがいいと思います。

では内科の医師なら安心でしょうか。これもそうとはいえないということを少なからず経験しています。糖尿病というと2型糖尿病,つまり生活習慣病としての糖尿病しかイメージしない内科医もいるのです。私は1型なのですが,私の体つきを見て,「やせているのに糖尿病とはめずらしいねえ。」などといわれたことがありました。ですから,出来れば糖尿病専門医を選びましょう。

もし現在治療を受けている医師の技量に疑問を感じているならセカンドオピニオンを活用してみましょう。ご存知かもしれませんが,セカンドオピニオンとは2つ目の意見,つまりもう1つ別の意見も聞いて参考にしてみようという考え方です。現在の主治医とは別の医師(主治医とは大学の医局等のしがらみのない,別の病院の医師がいいでしょう)にも診察してもらって,はたして同じ判断,同じ治療になるかをためしてみるような行為です。主治医に失礼ではないかなどと考える必要はありません。これは患者にとって当然の権利なのですから。


 


食事療法
食事療法について

食事療法支援商品




運動療法

運動療法について

自転車のすすめ

運動療法支援商品


薬物療法

飲み薬

インスリン注射




血糖コントロール
低血糖対策

血糖測定器

尿糖測定用品


心がまえ
医者選びについて

民間療法について

インスリン注射について


気になる本
参考図書






ノンカロリー飲料
ノンカロリー飲料

いろいろな人口甘味料




糖尿病関連ニュース
糖尿病関連ニュース





       

 

トップページ